デジタル化による未来のパイプライン管理

2020年代はすべての産業で産業用IoTが採用される10年になる

中流のO&G企業は、リアルタイムデータと新しいデジタル化ツールを使用してオペレーションを管理するためのより良い方法を模索しています。エッジ コンピューティング 、IIoT、デジタルデバイスは、中流インフラ全体の可視性を提供し、パイプラインの状態、機器の健全性(可用性)などを監視することを可能にしています。

中流のO&G企業は、収益性の高い持続可能な組織であり続けるために、産業用デジタル化戦略を構築する必要があります。

フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
業界概要をダウンロード

当社は、お客様に関する個人情報をご提供いただいております。ご提供いただいた個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシーに記載されています。